名古屋市教育スポーツ協会

公益財団法人 名古屋市教育スポーツ協会 | NESPA(N)
文字サイズ 標準大
音声読上げ機能について

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索
日本ガイシ スポーツプラザ ガイシアリーナ

日本ガイシ スポーツプラザ ガイシアリーナ 施設ブログ

2021年8月のアーカイブ

豪雨が去って…

2021年8月27日 金曜日

日本各地で猛威を振るった豪雨もようやく終わりを迎えようとしています。災害を被った方々へ心よりお見舞い申し上げます。
8月23日(月)。さて、久しぶりに雨も降らないので、日本ガイシアリーナ東側の歩道の雑草を刈込みました。午後から作業をしましたが、その場所はちょうど日影になっていたので暑さをしのぐことができました。

    
          <刈込前>        <刈込後>少しは歩道を通り安くなったかな?

             
                ゴミ袋2袋分の作業となりました。

また、垂れ下がってきた木の枝も3箇所切り落とすことにしました。よいしょっ、脚立を運んでと。おーっ、何やら草陰からでてきたぞー。

    
  近寄って写真を撮ると…。名前はわかりませんが、雨もおさまってトカゲもお散歩でしょうか。

     
  施設の南側の木。

     
  施設北側噴水広場の木。

       
  施設北側、駐車場入り口の木。   

  写真ではわかりづらいかもしれませんが、3箇所ともすっきりしましたよ!

タイムに挑戦実施

2021年8月22日 日曜日

8月22日(土)日本ガイシアリーナ 競泳プールで「タイムに挑戦」を実施しました。
大きな大会も行われる公認50m競泳プールで、大会使用のジャッジシステムを使用して50mタイムを計測する事業です。大型映像装置に名前とタイムが表示され、計測後には記録用紙(ディプロマ)も進呈します。

東京オリンピック2020が終了した間際のこの事業。参加者の皆さんはオリンピアンさながらの気持ちで、日ごろの練習の成果を発揮されていました。

     
 さあ、気合を入れて「テイク ユア マーク」      スタート。ひょーお「カッコいい!」

     
   スタートは電子ピストルで「ピッ」       大型映像装置に名前とタイムを表示

              thumbnail of タイムに挑戦ディプロマ
            お帰りの際にはディプロマを忘れずに。

今回、この事業が行われた競泳プールが利用できるのは、8月いっぱいです。是非ご利用ください。

☆応援企画のご報告★

2021年8月13日 金曜日

7/23から8/8まで東京オリンピックが開催されました。
当施設では、50m温水プールロビーに「情報展示コーナー」を設け、メダル獲得数を掲示しました。
結果は金27個、銀14個、銅17個、合計58個ものメダルを獲得することができました。
ご覧の通り、ボードもメダルでいっぱいになりました。



8/24から始まるパラリンピックでも同様に獲得メダルを掲示する予定です。
日本ガイシアリーナに来場された際は、ぜひご覧ください。

競泳プールの個人利用は8月末までです。

2021年8月13日 金曜日

8月も残り半分となりました。
競泳プールの個人利用もあと半月です。

いつも日本ガイシアリーナで練習してくれている高校生たちがインターハイ(北信越総体2021)に出発したようです。
オリンピックに引き続き、愛知県の選手が活躍してくれることを願っております!

また、8月21日(土)14:00~日本ガイシアリーナ競泳プールで「タイムに挑戦」を開催します。
8月13日申し込み締め切りでしたが、8月18日(水)まで追加募集を行います。(すでに申込された方で2種目測定を行い方も受付可能です。)
ぜひ、この機会にご応募ください。

thumbnail of 202007091511100776

真夏のオーケストラ 2

2021年8月10日 火曜日

 日本ガイシアリーナ噴水広場 セミ探しクイズはいかがでしたでしょうか。
 では、ここで回答をお見せします。

        
     ① これは簡単ですね。木の真ん中に1匹いるのがわかりますね。

         
     ② こちらも少しわかりづらいかもしれませんが、1匹いますね。

        
     ③ これも簡単簡単(^▽^)/ と思いきや。上にももう1匹、全部で2匹いますよ。

        
     ④ 影になっていて大変わかりづらいですが、1匹います。これがわかった方は凄い!

日本には、セミが30種類ほど生息しているようです。代表的なのは、「アブラゼミ」「ニイニイゼミ」「ヒグラシ」「ツクツクボウシ」「クマゼミ」などがいます。実際に鳴くのはオスのみで、メスに自分の居場所を知らせているとの事です。セミは卵からふ化して幼虫になると、何年もの間土の中で過ごし、そして成虫になるとわずか数週間で死んでしまうとの事です。そのわずかな日々を真夏のオーケストラとして、今日も元気に演奏しています。

真夏のオーケストラ

2021年8月10日 火曜日

先日、ある高校の吹奏楽部のコンサートに行きました。このコンサートを開催するまでに至っては、コロナ禍の中、これまで当たり前のようにできた部活動の練習が、なかなかできないつらい日々が続いたそうです。やっとの思いで練習ができた時には、その喜びを噛みしめ、部員のみんなと一緒に演奏ができる幸せを感じたとの事です。生徒の皆さんは、その練習の成果を十分に発揮して、私たち観客に素晴らしい演奏を披露し、感動を与えてくれました。

さて、日本ガイシアリーナの噴水広場にも、夏の間休むことなく激しく演奏するオーケストラがいます。
                                       

そう、夏の風物詩「セミ」です。そこで、「日本ガイシアリーナ噴水広場 セミを探せ クイズ~っ!」これから出題する写真の中にセミがどこにいるかを探してみてください。

          

     ①まずはこれ、簡単小手調べ。      ②お次はこちら。わかるかなあ?

            

     ③はい、これは簡単 かな?       ④最後はこれ。わかれば凄し!

 あなたはどれだけ見つけることができましたか?答えは、「真夏のオーケストラ 2」で発表します。お楽しみに!!