名古屋市教育スポーツ協会

公益財団法人 名古屋市教育スポーツ協会 | NESPA(N)
文字サイズ 標準大
音声読上げ機能について

南陽プール

南陽プール 施設ブログ

ウィメンズマラソン2015!

2015.3.8 NAGOYA WOMEN,S MARATHON!

色鮮やかなウェアが、一足早く来た春の花のように見え

沿道の応援が太陽のように輝き

笑顔が咲いたランナー達が名古屋の町に花道を作ってくれました。

 

名古屋国際女子マラソンからナゴヤウィメンズマラソンに名前を変えて4回目の今年。おもてなしタキシード隊からティファニーのペンダントがもらえる事で話題とになり、年々応募人数が増え今年もギネス更新が期待されます。

南陽プールを指定管理している(公財)名古屋市教育スポーツ協会は、ウィメンズマラソンを共催

させていただいています。


自分の職場が実際どのような事業をしているか体験するべく、初フルマラソンに挑戦してきました!


9:10 大村愛知県知事の合図でスタート。

このスタートをきるまでに沢山の時間を費やし、いろんな想いを背負ってきた事でしょう。まずはこのスタートを無事に切れた事が喜びとなり笑顔でのスタートになりました。

いつもは、車でしか通れない道を自分の足で走る事は、とても気持ちよく感じました。

沿道には沢山の人が応援に駆けつけおり、その中でも幼いお子さんが「おかあさんがんばって」という小さな声の力強い応援に「もぉだめだ、泣けてきちゃう」と、笑顔で泣いている微笑ましい親子のやり取りの場面にも居合わせる事ができました☆

ランナーの中には、仮装をしたり、仲良く携帯電話で写真を撮りながら走っている方もおり、マラソンと言えどもそれぞれの楽しみ方で参加しているようでした。


途中にあるエイドには、名古屋名物のういろう、かりんとう、塩飴、チョコ、バナナ、パンなど沢山の種類の食べ物があり次のエイドでは何が食べられるのかな?と走る目標になっていました。およそ28キロ地点の名城公園の横を走っている最中に、折り返しの反対側34キロ地点でういろうを配っているのを発見した時は、とてもモチベーションがあがりました。


膝が痛くなり歩いた時間も沢山ありましたが、南陽プールにいらっしゃるお客様が応援してくださっていたのでなんとしてもティファニーを南陽プールに持って帰るぞ!との決意で前に進み、制限時間ギリギリでゴールする事ができました☆★


42.195キロ、長い長い距離の間に色々な感情が出てきました。初フルマラソンを無事に完走できたのは、ボランティアスタッフの方々の絶え間ない声援と沿道に応援に来てくれていた方々の真心こもった応援のおかげです。

最後のランナーが走りきるまで水を注いだり、大きな声で応援し続ける事は簡単な事ではありません。自主的にスプレーを用意してくれている方や食べ物を用意してくれる方も沢山いました。

「がんばって!あと少しだ!」

「ありがとう!がんばります!」というやりとりを何回聞いたことでしょう。


一般社会の中では、がんばっている人に対して「かっこ悪い」「ダサい」と言う人が多く、がんばる事を恥とすら捉える風潮があります。

そんな中、全力で走り、それを全力で応援し助け合う姿が輝いていた事がこのウィメンズマラソンの醍醐味でもあるのではないかと感じました。ランナーのほとんどの方がゴールした後に感じる達成感の半分は大会を支えてくださった方全員への感謝の気持ちが含まれていると思います。


こうして名古屋ウィメンズマラソン2015 は、閉幕しましたが制限時間ギリギリでのゴールは、

完全にトレーニング不足です・・・・。

南陽プールのトレーニング室を利用しているお客様は、4時間台でゴールした方もいます。日ごろからトレーニングを積み重ねる事の重要さを痛感しました。

来年は是非ウィメンズマラソンに挑戦したい!と言う方は、南陽プールのトレーニング室でマラソン仲間を作り一緒にトレーニングに励んでみてはどうでしょうか?

マラソンで疲れた体には、温水プールでのリハビリトレーニングもオススメです☆

来年の名古屋ウィメンズマラソンへの挑戦は、もう始まっています!

世界中の挑戦者の来館を南陽プールでお待ちしております!