名古屋市教育スポーツ協会

公益財団法人 名古屋市教育スポーツ協会 | NESPA(N)
文字サイズ 標準大
音声読上げ機能について

パロマ瑞穂スポーツパーク

パロマ瑞穂スポーツパーク 施設ブログ

テレビ放映されました

先月のブログでご紹介させていただきましたテレビ撮影の件ですが、放送はご覧いただけましたでしょうか?7月29日にオンエアされました、テレビ愛知様の「データで解析!サンデージャーナル」。番組テーマは「進化する!愛知の“公園”事情」でした。

そのなかで、まずは愛知の代表的な運動公園として、パロマ瑞穂スポーツパークをご紹介いただきました。番組によると、愛知は全国で2番目に運動公園が多いとのこと。                                    スポーツ・レクリエーションが盛んな土地柄である愛知のなかで、代表例としてとりあげていただいたことはスタジアムスタッフ一同喜ばしく思うと同時に、身が引き締まる思いでした。

続いて、近年、地域の公園が担う役割が多様化していることを紹介するなかで、当パークの南児童園内にある“かまどベンチ”をとりあげていただきました。                                       “かまどベンチ”は普段は腰掛け用ですが、災害時には座板を外すことによって、脚部を炊き出し用のかまどとして利用することができるものです。


南児童園


一見普通のベンチが・・

 


座板を外すと、炊き出し用のかまどに

その他、縁台にはテントや各種工具など災害時に必要な器具が備えられ、休憩所は四方をテントで囲うことで避難用シェルターや救護所として利用することができます。

 


縁台には災害時に必要な器具があり、休憩所は救護所などに活用可


 

運動公園としてだけではなく、指定緊急避難場所(広域避難場所)として災害対策の役割も担うパロマ瑞穂スポーツパーク。これからもスタッフ一同、施設の整備に努めて参ります。

テレビ愛知様はじめ、放送に携わっていただいた関係者の皆様ありがとうございました。