名古屋市教育スポーツ協会

公益財団法人 名古屋市教育スポーツ協会 | NESPA(N)
文字サイズ 標準大
音声読上げ機能について

名東生涯学習センター

名東生涯学習センター 施設ブログ

『通いたくなるセンター』を目指して ~こどもの日(端午の節句)と鯉のぼり~

もうすぐ、こどもの日(端午の節句)。
受付窓口に、段ボールの『鯉のぼり』を飾り、みなさんをお迎えしています。
お客さんからは「かわいい♬」「上手」・・・というお言葉をいただいております。
これは、写真の窓口に座っている職員(4月から赴任したTさん)が、作ったものです。
職員から「地域の子どもたちがよく来てくれるから、元気に成長してほしいから」作ってみました。
「何処かに置いてもいいですか。」と申し出があり、窓口に展示したものです。





※ こども(男の子)を祝う日には、

 1 なぜ、鎧(よろい)や兜(かぶと)、五月人形を飾るの?
   鎧や兜は、身体を守ってくれるので「災いから身を守る」という意味合いで飾られます。

 2 なぜ、鯉のぼりを飾るの?
   鯉の滝のぼりが「立身出世」として象徴となり、吹流しと一緒に飾られます。

 3 なぜ、菖蒲(しょうぶ)湯につかるの?
   尚武(武道を重んじる)と菖蒲をかけ、端午の節句の菖蒲湯につかる風習が起源です。
   また、菖蒲は古代中国から薬草として使われており、季節の変わり目の体調を崩しやすい時期
  に菖蒲湯に入ります。

 4 なぜ、柏餅を食べるの?
   柏餅を食べるのは、日本独自の風習です。柏の葉は新芽が出るまで落ちないことから、
  「家系が途絶えない」と縁起物として食べられます。